ネットワークビジネスの成功には人脈が必要?

ネットワークビジネスは人と人のつながりを広めていくビジネスです。
つながりを広めると言っても具体的にはどんなことをするか、わからないと言う方も多いと思います。

紹介を出す方法とは?

つながりを広める
それはつまり紹介者を出すということです。
そのための方法には様々ありますが、友人や知人に直接連絡をとって口コミで仲間を増やしていく方法はこれまで一般的とされていました。

電話帳のあ行から順にリストにして、片っ端から電話をする。
少なくとも100人。

こんな風に言われて、「はい。分かりました。」と言えるほど友達も多く、たくさんの人脈を持っている人は良いですよね。

普段から知らない人に声をかけることに抵抗がなくて、すぐに仲良くなって連絡先を交換できるような人脈作りに長けている人なら、リストが尽きてしまってもすぐに次のリスト、と、いつまでも口コミのためのアプローチを続けていくことが出来るかもしれません。
その数も、100人よりも130人、150人と、多いほど成功する確率も上がってきます。

では、

  • 口下手で人脈作りが苦手
  • 顔も広くない
  • 友達と言える友達もそんなに多くはない
  • 人脈作りのために外に出ることも難しい};

という人はどうしたらいいのでしょうか?

現実は・・・

私のスマホの電話帳はと言えば、親兄弟、病院、保険会社、不動産屋さん、子供の学校関連がほとんど・・・。
その他に、遠い昔にアドレスを交換しただけの今となっては何のつながりもない人が、機種変更をするたびに引き継がれて残っているだけ・・・。
それを合わせたとしてもとても100人にもなりません。

しかも、そのわずかな知人に対してビジネスのお話をしたとして、変に誤解されたり、悪い印象は持たれないまでも、相手がビジネスに興味を持ってくれなければ、話は続かずその後の関係性にまで影響しかねません。
そうなってしまっては取り返しがつきませんよね。

人脈のない人はネットワークビジネスを諦めるほかないのでしょうか?

人脈がない人にも出来る方法!

実はそんなことはありません。
人脈をもっていない人でも、インターネットを上手に使うことで、ネットワークビジネスに興味のある人と知り合うことが出来ます。

インターネットを使った集客は、確かに口コミに比べると少し時間はかかってしまいますが、忙しい主婦の方でも、家にいながら空いた時間で取り組むことが出来ますし、友人知人を失うかもしれないというストレスなく続けていくことが出来る方法です。

もちろん、口コミは短期間で成果を出せる効果的な方法です。人脈がある人はその分有利にビジネスを進めていくことが出来ますが、人脈のあるなしだけが成功を左右する訳ではない。ということですね。