ネットワークビジネスとアフィリエイトの違いとは?

「ネットワークビジネスで成功する」と言いますが、そもそもネットワークビジネスではどのようにして収入が発生するのでしょうか?

ネットワークビジネスで収入を得る仕組み

一般的な流通では、企業がCMなどの広告を出し、問屋や卸を通じてお店に商品が並べられ、お客様が購入します。
それに対し、ネットワークビジネスは「連鎖販売取引」と言って、人と人のつながりによって商品の流通を発生させていくのです。
Aさんの紹介でBさんが商品やサービスを購入すると、Aさんは報酬をいただけるという仕組みです。

以前は、ネットワークビジネスで紹介というと友人や知人にアポイントをとって口コミでオススメするという方法でしたが、今は口コミをすることなく、インターネットで集客することが出来ます。

インターネットで商品を紹介するというと、アフィリエイトも似ていますね。

ネットワークビジネスとアフィリエイトの違い

アフィリエイトは、自分のサイトやブログで商品をオススメし、アフィリエイトリンクを貼ります。
そのリンクから商品が購入されると報酬が発生するという仕組みです。
仕組みとしてはネットワークビジネスと同じように見えますが、その一番の違いは、
アフィリエイトは単発の収入、ネットワークビジネスはくり返し収入が得られる「権利収入」であるということ。

あなたの紹介で商品を買った人が、また新たな顧客を紹介すると、あなたにも報酬が入って来る。
つまり一回のビジネスに対して何度もくり返し収入が得られるのです。

アフィリエイトはこれがなく、単発の収入ですから、継続して収入を得るためには常にあなた自身が新しい顧客を開拓しつづけなくてはなりません。
そのためには、ブログやサイトをいくつも作ったり、メルマガを発行したり、その時々に売れる商品の情報を仕入れたりしなくてはならないので、とても大変です。

それに、サイトやブログの運営を1人でするというのはどうしても孤独な作業になりますし、モチベーションを維持するのもなかなか難しいようです。

その点、ネットワークビジネスではアップからのサポートを受けられたり、分からないことはチーム内で質問できるので、とても心強いですね。