河田直子⑬ネットワークビジネス スキマ時間

「時間がない」・・・口癖になっていませんか?

私も子供に対して、おそらく毎日
「ちょっとごめん、時間ないから後でね」
と言ってしまっています。

「後で」は、あったりなかったり(>_<)

もし自分が言われたら、良い印象はないですよね。
「いつまでに出来るかを」伝えてあげる、
これが大事だと、よく言われますよね。

時間の使い方

時間をうまく使えば
こんなにも生活が変わるんだ!
私は3年前、それを実感しました。

うちには、小学生2人、幼稚園年少の3人の子供がいます。
以前は小学生組が起きる時間に一緒に起きて、そこから戦争のように動きまわります。

朝食の支度、洗濯、布団たたみ、子供の髪の毛のセット、食器の片付け、赤ちゃんのオムツ替え、その合間合間に自分の支度。

これが、体調の良い日ばかりでもないので、思うように身体が動かない日もあったりします。

それが、子供たちも思うように動いてくれないとなると、朝から言いたくもないことをついくちばしってしまい、怒りながら学校へ送り出す、なんとも後あじの悪い日もたくさんありました。

そこで、いちばん下の子供が1歳になったのを気に、朝5時に起きよう!
決断しました。

これまでは、テレビなどで見ていて、「5時に起きるなんて、絶対あり得ない!」
と違う世界を生きてる人のように見ていました。

子供たちが起きてくるころには、洗濯も自分の支度も終わり、
なんなら夕飯の下ごしらえなんかもしました。

すると、当たり前ですが、朝からイライラしない、
心にゆとりが出来て、普段出来なかったことに
目を向けられるようになりました。

それまで夜更かしも結構していましたが、早起きを始めてから、ほとんどしなくなりました。

不思議なもので「今日は朝からずっと予定が入っていて忙しい」
という日に限って、出かける前の30分の間に、ダラダラ過ごす日には後回しにしてるような、気になってたぐちゃぐちゃの棚の整理をしてみたりと、不思議とからだが動きます。

これは、頭が高速回転しているからだそうです。
 
忙しいときはテンションが高いため、頭が高速回転していると言われいます。
適度な緊張感があって、一時的に脳が活性化されています。

とても納得できる内容でした。

あなたは上手く時間管理ができていますか?

誰にとっても1日は24時間しかありません。

子育て中でも、生活のリズムができてくると、自分の時間も確保できてきます。

・まとまった時間があってもいいですが、なくても大丈夫です。

・時間に余裕がなくてもまったく問題ありません。

まとまった時間はなくても、隙間時間ならあるはずです。
スキマ時間は積み重なればやがて大きな時間につながります。

やり方さえ間違えなければ、大きな成果を生み出します。

時間を無駄にしていることにたった今、気づいたあなたはとてもラッキーです。

働き方改革などで時間を有効に使うことが求められる忙しい時代だからこそ、スキマ時間をうまく使い、効率的に成果を上げたいものですよね。

ほんの少しの工夫で人生はあなたが思う以上に変わります。

ぜひあなたの人生を豊かなものにしてみませんか。