河田直子⑫ネットワークビジネス 時間とお金と健康

病気になって初めてわかる、健康でいることのありがたみ

健康なくしてはなにも始まらない、
病気になって気が付くものです。
元気な時には、健康が当たり前だと勘違いしてしまいがちです。

「日本人は働きすぎだ」とよく言われます。
働き過ぎる要因には強制的な場合と、仕事が好きという自身の意思の場合があります。

毎日毎日睡眠時間も削って働けば
お金もどんどん増えるでしょう。

しかし、

現代社会は仕事のストレスがあまりにも大きすぎて、
健康に大きなトラブルを抱えてい
る人は増えています。

それぞれをバランスよく持っているのが幸せな成功者で、
それなりの価値を持っているものの、全体のバランスが悪く、
偏ってしまっているのが不幸な成功者とも言えます。

人生100年社会になると、今までよりもさらに
格差が拡大することになると思います。

経済的な豊かさだけではなく、健康や人間関係についても、
時間と共に人によって大き
な違いが出てくるからです。

介護難民や下流老人など切実な問題が
不安な気持ちをあおってきます。
社会の余力がなくなってきてほとんどの人が複業を考えている時代です。

お金を稼ぐために一番大事なのは、
健康な体を維持すること、そして次に大事なのは、自分の頭で自分の人生をよりよくする方法を考えることだと思います。

身体も心も健康だと、前向きになれます。
なにかに挑戦してみよう!

そんなやる気も健康なときは不思議とわいてくるものです。

私は看護師をしていました。
看護師の仕事は好きです。
せっかく苦労して国家試験を突破して、両親にも高い学費を出してもらいましたので、
またやりたいと思っています。

一般の事務仕事などに比べたら時給も確かにいいです。
でもいくら頑張ってもある一定はこえられません。

お金を稼ぐためだけならいくらでも方法はあります。

独身時代のように月に7回も8回も夜勤をして、
休日出勤もしてバリバリ働く!
しかし、子育て真っ最中、親は近くにはいない、
旦那は出張が多く留守がち、こんな条件では、かなりのことを犠牲にする必要があります。

今までずっと健康体で過ごしていると、
病気は割と他人事のように感じてしまうものです。
病気になってしまってはじめて

「まさか自分が・・・」

と、誰しも思いがちです。
ある日突然に日常生活を奪われます。

特に40代を超えると個人差もありますが身体の不調は出てくるものです。
忙しくしてると、なかなか自分の体調のことにも気ずきにくいですね。

子育てママは子どもや周りのことにばかり
目を配りがちなのでなおさらです。

お金、時間、健康、すべての自由を手にいれることができる、

在宅でするネットワークビジネスだと思います。